サンクトペテルブルク・フィルハーモニー
1772年発足した、ヨーロッパでもかなり古いオーケストラでロシア・オーケストラの最高峰。1824年にベートーヴェンの「ミサ・ソレムニス」を世界初演をし、バラキレフ、グラズノフ、ニキシュ、リヒャルト・シュトラウスらが指揮台には立った由緒あるオーケストラです。1938年からエフゲニー・ムラヴィンスキーが50年にわたり常任指揮者・音楽監督をつとめ、ショスタコーヴィチの多くの作品を初演しました。特にグリンカ、チャイコフスキーなど、ロシアの作品の他、ブラームスの交響曲、ベートーヴェンの交響曲第4番等で優れた録音を残しました。1988年からはユーリー・テミルカーノフが後任を務めています。ネフスキー・プロスペクト地下鉄駅から徒歩約5分芸術、広場の隣にあります。座席数1378。
サンクトペテルブルク・フィルハーモニーホールスケジュール